現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハート・コレクション07』



heart


アップが遅くなりましたが、先々週に
予約していた『ハート・コレクション07』を取りに行って来ました。
片山先生のレッスン後とあり、みきちゃんに付き合ってもらったのですが、
さすが、好みのツボが同じだけあってみきちゃんも現物を見て
即買いでした。
彼女はその後別の店でもラムカンを買いあさったようで
またまたルクファンが増えました。

このラムカンなんですが、大は手持ちの色に似ています。
小2つはベビーピンク(それぞれちゃんと色の名前がついてるそう)
で私には初カラー。
増えてきたラムカンをどう収納しようか思案していたら
またまた今度はベルメゾン限定のラムカンが出たそうな!
しかも色も3色!!
先日買った「Mart」にもラムカンの新色情報が載っていて、
綺麗なブルーに目が釘付け
今年はルクビンボーになっちゃうかも?

名作「E.T.」



USJのアトラクションの中で息子の一番のお気に入りが「E.T」!
自転車に乗って空を飛んでいる設定と
最後に名前を呼んでもらえるのが嬉しいみたいです。
家でも「おうち~おうち~」と物まねをするものの
肝心の「E.T」が何者か、そしてもちろん内容も知りません。
そういう私も当時、人差し指同士を友人と合わせて
「E.T」ごっこ(?)をしていたものの映画は観てないのです。
という訳でを視聴することに。

30年近く前のこの映画、当時は画期的だったであろう技術も
今観ると、たいしたことないなぁ~と思いつつ、
いやいや、視点はそこじゃってば
自分にツッコミを入れつつ、E.Tの可愛さと友情のお話に
最後のシーンでは感受性の強い息子は号泣
(先日のプリキュアの映画でも号泣していた)
私もウルウルでした。
今のいじめ世代の子供達にも是非観て欲しいと思った
心温まるお話でした。

フィッシュテラピー体験



岩盤浴目当てで行ったスーパー銭湯で思いがけず
テレビで見て興味津々だった
フィッシュテラピーを体験してきました。

人の皮膚の角質を餌として食べる「ドクターフィッシュ」
と呼ばれるこの小さな魚は、
アトピー治療にも良いらしいんです。
それなら顔面をつけたいと思ったんだけど、
その勇気はなし
裾をまくって足をつけたとたん、
来るわ来るわで最初はくすぐったさと、
その姿が気持ち悪くて悲鳴をあげそうでした
しかしすぐに慣れてきて、例えていうなら
電気風呂に入っているような感触。
しまいには魚に話しかけたりなんかして、
アッというまの15分でした。

次回は是非、画像に収めてきたいと思います

たましいに響くメッセージ


職場のランチタイムは、いつも人生の超先輩方々と
ご一緒させていただき楽しい休憩時間を過ごしています。
会話の60%は韓ドラ談議なのですが、
今日、その中のお一人からとても衝撃的な言葉を
聞きました。
「神様が私に夢を一つ叶えてくれるのならば、
息子が『おかぁさ~ん!』ってべったりくっついていた
あの時代に1日だけでいいから戻して欲しい」と。

その方は2人の息子さんを持つ母なのですが、
息子さんはもうとっくに成人していて
そろそろ結婚か!という年齢なのです。

ズシっと来ました。

「子育ては大変だけど、そうやって甘えてくれる時期って
過ぎてしまえばほんの僅かな時間だから、とても貴重なのよ。
もちろん私もあの頃も仕事をしていたから、うっとおしいって
思う事もあった。でもあの頃にたった一日でも良いから戻してもらって
息子を思いっきり抱きしめてあげたい」と。

その方の息子さんは小学生になってからべったり
甘える事があまりなくなったそうなんです。

うちの息子は今年、年長になります。
思えば、生後6ヶ月から保育園に入り、
販売という私の仕事柄、物心がついてから一緒にいてあげた日って
最長でも3連休なんですよね。それも年に1回あるかどうか。
保育園には月~土まで通って、貴重な日曜でさえ
家事も中途半端にしておくのが許せない性格、
その上自分がしたい事が山積みで、
「昼寝してくれ~!」とばかり願っていて・・・

息子と向き合う時間ってすごく少なかったように思います。

来年からは小学生だし、今年は少しでも長く一緒にいられるよう
月に1、2回は土曜もお休みをいただきたいと、
売り場スタッフにお願いをしつつ、でもそうすれば
平日子供抜きで出掛けられる日も減っちゃうよなぁ~なんて
話した直後の休憩時間で、聞いたこの言葉。

タイトル通り、たましいに響きました。

甘えてくれる時期はもうあと僅かな期間。
手が離れてからいくらでも自分の事は出来る事だし、
今まで自分のために費やして来た時間を少し息子に
わけてみようと思います。
現実は、一緒にいてもガミガミ母なんですが・・・

最近、全ては偶然ではなく必然だという事を
ひしひし感じる事が増えています。


ツマガリの「ハイ・チーズ」



先日行われた江原啓之さんのイベントでは
江原さんから団員に差し入れがあったそう。
それはツマガリの「ハイ・チーズ」というスティック状のチーズケーキ。
有難い差し入れだと真ん中妹は持ち帰り、小さなこのお菓子を
実家のみんなで分けて食べたのだそう。
保育園が休みのため、元旦まで2泊してたうちの息子も
おすそ分けしてもらったんだって。感謝

ツマガリって10年ほど前にケーキを甲陽園のお店まで
買いに行った事があるけど、それっきり。
「食べたいよね~」と話してたら今日、妹達2人が
現地までわざわざ買い行き、
(店頭には並んでなく、商品名を言ってわざわざ出してもらったそう)
夕方我が家へショートケーキと「ハイ・チーズ」を届けてくれました。
今日はすごくスィーツモードで、仕事帰りにケーキを買おうかどうか
悩んでいたのでグッドタイミングなのでした。

tsumagari


残念ながらケーキはアッという間に平らげてしまったので
画像がありません。
「ハイ・チーズ」はその名の通り、とても濃厚な美味しさで
チーズ好きな私にはたまりませんでした。

江原さんご自身がセレクトしたわけではないと思うけど、
これからこのスィーツを食べるたびに、
江原さんを思い出す事となるでしょう。

また、食べた~い。
ネット通販の10個入りだと、ケースもお洒落だから
お取り寄せしちゃおっかな

そんなこんなで年末年始はカロリーオーバー生活。
怖くて体重計にも乗っていないし
明日は休みなので、アイススケート(何十年ぶりだろ?)と
夜は久々にマーシャルエキサイトで燃えて来ます



2007の幕開け


2007年が始まりました。
今年は大阪城ホールで行われた江原啓之さんの
「スピリチュアル・ヴォイス カウントダウン・スペシャル」に
末妹と行って来ました。
チケットを取った後、偶然(ではなく必然でしょうね(笑))
私の真ん中妹がスピリチュアル・ヴォイススペシャル合唱団
として参画する事となり、私達3姉妹にとって記憶に残る
貴重な経験となりました。

2度目のナマ江原さん。
前回のメイシアターと違って大阪城ホールは約1万人が
集まる大きなステージ。
この方の存在感とオーラ(私には色は見えませんが)は
素晴らしく、
煌びやかなステージ衣装にも負けない歌声は圧巻でした。
約4時間のステージ中、休憩はたった1回のみ。
長時間お話した後、水分補給も取らずに歌われる姿に
喉がやられてしまわないか、心配になるくらいでした。

カウントダウンは予想とは違って江原さんらしく、
10分前から10年後の自分の姿をみんなで瞑想して。
そして江原さんから1万人の観客に向けて念を送って下さり、
こちらのブロックに向けられた瞬間、すごいパワーを感じました。
そして、自然と涙がスーッと流れ、
全て浄化され、すがすがしい気持ちになりました。
0時と同時に金のテープと、金の紙ふぶき、そして第九合唱。
鳥肌が立ちました。

自分で蒔いた種は自ら刈り取る!
沢山の経験と感動を積もう。
想像力を養おう。
気を遣うじゃなく、気を利かせられるようになろう。

そう誓った2007年の幕開けでした。

今日は、これから初詣に出掛けます。
お賽銭は投げない(運営費として遣ってくださいという気持ちで)
おみくじは持って帰る
(何が出たかじゃなく、書いてあるメッセージが大事。ごみを増やさない)
願いごとはしない!(感謝と誓い)
今までとは違った気持ちで行ってきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。